宣伝 アフィリFXにはもうこりごり

カテゴリ: 普通

ミリオネア・トレードFX
http://cross-service.jp/info/millitre/index.php?mode=top


成績はともかく、内容自体は販売ページのままです
トレンド相場をとっていく手法でレンジには弱くて
レンジ相場では負けてしまいます。
ただ、それ自体は正直に販売ページに書かれていますので
それを理解した上での購入となります
レンジ相場を避けるための3つのツールに関しては
正直あまり役に立たなかったです
もし相場がトレンド相場であれば、初心者の方がわかりやすさを
求めているのであれば、ルールははっきり決まっていますので
確かに迷いようがなく、いいかもしれません
やはりネックはトレンドかレンジかの判断のところにあると思います




人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします

本人出品!!山本和也愛用!!!バイナリーオプション オリジナルツール 勝率92%超え! 1ヶ月サポート付き!即決希望は連絡ください!
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h263509112


アイディア自体は他では見たことなかったです
確かにオリジナルですね
ただ勝率92%はありえないです
基本逆張り系なので、レンジ相場においてはいいのですが
トレンドがでている時、もしくは出始めているときだと
負けてしまいます。





人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします

本気で専業FXトレーダーを志す人のための フィボナッチ・リトレースメントを用いた環境認識と背景分析の解説書 <第2巻>
http://www.dlmarket.jp/products/detail/335153

第2巻ではフィボナッチ・リトレースメントプラスもう1つの手法を加えて
トレードするというものです
これは実は過去に自分も試したことあるのですが
なかなか難しいんですね。
自分が下手なだけかもしれませんが
自分では出来ませんでした
(プラスにできませんでしたという意味です)



人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします

シュアトレードFX
http://suretrade.jp/2ndlp2page.html


面白い手法ではあります
エントリーも利食いも損切りも全部誰がやっても同じになります
でも、マニュアルにはうまくいった例だけ取り上げられてて
じっさいにはうまくいくのが3,4割、失敗が、6,7割ぐらいで
合計トータルではマイナスになっていきます。
そのときの相場にもかなり影響されるかも
安定しないのが玉にキズです


人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします

サイクルマスター理論
https://www.dlmarket.jp/products/detail/487363


まず、4時間ベースでサイクルを待つので
エントリーがめったにないです、かなり待たなければいけません
確かに損切りの場所はルールがありますが
この商材のポイントはサイクル理論という手法が機能するかどうかだと思います
やってみた感覚でいえば、どうしてもランダムなんじゃないかとしか思えない
根拠がわからなすぎて、ほとんどナンピンに近く
不安でしかないです。
成績はプラスになることもあるのですが、プラスになったり
マイナスになったり、とにかく自分的には成績も精神面も不安でしょうがないです
ただルールはきっちり決まっているという点はいいところだと思います






人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします

このページのトップヘ