仲値はこういう風に利用する 本物の仲値トレード   仲値コントロールトレード
https://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=447660


固定観念とは恐ろしいですね
個人的にはこれ結構衝撃受けました
FXやって、結構長い年数やってきたけど
仲値といったら、ゴトウ日にドル円で9時55分までは買いで、その後売り
と覚えていたし、FX関係のいろんなサイトにもそう書いてあるし
FXの業者の人や金融関係者みたいな人からも同じように聞かされてましたから
そういうものなのかとずっと思っていました。

実際このよく言われている仲値でのトレードは過去に半年もかけて検証したことがあります
でも結果は大体6割ちょい売りでした
買いより、売りのほうが半数超えていて、あてにならんなぁと。
むしろ9時55分まで売ったほうが戦略としては成り立つのでは??みたいな
実際は、よくわかんないというか、あまり関係ないのかなと、仲値はそれ以来
ほとんど気にせず、スルーしてきました。
(9時55分前後は動きに注意ぐらいの感覚で)

でもこの商材で仲値の本当の意味と仕組みがようやく理解できました
そういうことだったんですね。
見るべきところ、意識するところを全然見誤っていました。
固定観念というか、思い込みとはほんと恐ろしい、、、
というかそうなるとFXに詳しい人でもほとんどの人はわかっていないってことになりますね

仲値とは=ゴトウ日にドル円で9時55分までは買い、その後は売りの傾向が強い
と思っている人には全員に効果があるといいますか、相場感がガラッと変わると思います。

何もないところから、自分自身でその日の相場戦略を作れるようになれると思います。
もう1つ他の商材で今のところ上手くいっているものがあるのですがそちらも時間が
指定されているもので、1日に何度か時間での楽しみができるようになりました。

これ波動トラップの一部と組み合わせたら、面白いことになりそうですね。
そちらも先週から検証の方開始
もう検証することが多すぎて、時間がたくさんほしいですね。


メリット

◎仲値の本来の仕組みや意味が理解できる

◎これは教えてもらわない限り、自分自身で気づくというはのなかなか厳しいと思います

◎4つの手法が紹介されていますが
 これによって、自分自身で相場の戦略を練ってエントリーを考えていくことができる

◎銀行や実需の人達がどのように考えてエントリーしてくるかがわかるようになり
  それに沿ったエントリーが考えられるようになる

◎午前中だけでなく、条件さえ当てはまれば、仲値を利用して、午後、夕方、夜でもトレードが可能

◎毎日仲値をチェックするのがある意味くじの様な感覚で楽しみになる
  (自動で仲値をまとめてくれてあるサイトを紹介してくれてあります)



デメリット

◎取引通貨が2種類(ドル円とユーロ円)(主にドル円)に限定される

◎おそらく月によって(まだ検証中)動きの幅といいますか、需給の多い月と低い月で
  取れるPIPSが結構変わってくるのではと思います。





人気ランキング


投資ギャンブル ブログサイトランキング
FX為替 ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


ブログ王ランキングに参加中!

↑詐欺商材撲滅のために応援よろしくお願いいたします